大井が生んだ大スターハイセイコー

ハイセイコー
生年月日 1970年03月06日
性別/毛色 牡/鹿毛
チャイナロック
ハイユウ
戦績 22戦13勝
獲得賞金額 219,566,600円

ハイセイコーの詳細データ

大井が生んだ大スター
トゥインクルレースは高額馬券が多くなり盛り上がっていますが、過去に数々の名馬が出現しています。その中の1頭がハイセイコー!競馬はギャンブルという強いイメージがあったなか、このハイセイコーの誕生で競馬ファンですと言えるようになってきた人が多くなってきた。
生まれた時から馬格があり、目立つ存在だった。デビューから引退まで3年間走り続けた。地方での成績は6戦6勝と負けなし。とにかく地方ではぶっちぎりの快勝続きだった。そして、この強さを地方で埋もれたままにするのはもったいない気持ちから中央競馬への挑戦が始まった。

中央競馬への挑戦
中央競馬へ移籍し、その後も快進撃は続いた。弥生賞、スプリングステークス、皐月賞、NHK杯と勝利し、10連勝を達成。そして、競馬界の目標とされる日本ダービーに挑んだ。単勝支持率が66%と圧倒的な人気。しかし結果は3着。思った以上に力を発揮できずでの敗戦となった。原因は疲れが溜まりすぎていたのかもしれない。その後の重賞レースも惜しいレースはするが、勝利することは出来なかった。
そして4歳になり、出走レースを選択できることもあり、中山記念、宝塚記念、高松宮杯を制して、中距離の王者に君臨した。ラストランは有馬記念で勝利は出来なかったが2着と善戦した。
その後引退し、31歳と競走馬としては長い生活を終え、この世を去った。今では伝説となってしまったが、地方馬からのドラマチックに生きた昭和の怪物を忘れないでほしい。記録はもちろんだが記憶にしっかり残る競走馬だった。

ハイセイコーの名レース(10連勝目のNHK杯)

勝利した重賞レース

弥生賞
スプリングステークス
皐月賞
NHK杯
中山記念
宝塚記念
高松宮杯