東京競馬場 ダート 1400m


スタートから最初のコーナーまで距離があるため、枠順の有利不利はあまりないといえる。ダートということもあり、先行馬等の逃げ切りが多く見られる。差し馬などの後方一気はあまり期待できないといえるコースである。あったとしても馬群中団の抜け出しがあるくらいで、スタートが肝心なレースとなることが多い。スタート時がダートというのも特徴で、本来のダートコースのほとんどが芝からダートコースへの侵入になるので、出遅れのスタートがまれにある。そして最後には東京競馬場は最も長いダートの直線が待っている。

この距離で行われる重賞レース

【G3】 01月後半 根岸ステークス

東京競馬場 ダート 1600m


芝ポケットからのスタートなのでその芝の位置で加速してダートコースへの侵入が勝利へのカギを握る。ダートコースまで150mあり、出遅れは致命的と言えるでしょう。このコースは外枠からが有利となる。理由としては、スタートからの芝コースが外のほうが、30m近く長いからである。レースはどのコースも言えるがダートなので逃げ先行が勝ちやすいと言えるが、1400m等の短い距離のダートコースと比べると、中団からの差しが決まることもある。

この距離で行われる重賞レース

【G1】 02月後半 フェブラリーステークス
【G3】 06月後半 ユニコーンステークス
【G3】 11月前半 武蔵野ステークス

東京競馬場 ダート 2100m


レース結果データから見ればスローペースになることが少ないコースとなっている。ペースが上がればあがるほど、差し馬などの脚が届きやすくなるので、ダートコースでは逃げ先行馬が有利と言われているが、ペースによって状況が変わることが多いといえるでしょう。ダートコースで距離が長くなっているので、競走馬の芝、ダートの適性がハッキリと分かれるので、ダートに適していない競走馬からの馬券購入は避けるといいかもしれませんね。

この距離で行われる重賞レース

なし

東京競馬場 ダート 2400m


ダートでの最長距離のコースとなっているが、このコースでのレースはほとんどない。スタートから第1コーナーまでの距離が非常に長く、坂道を3回登ることとなる。このコースでのレースはスタミナ勝負と言える。逃げ馬が残る可能性が高く追い込みなどの競走馬は毎回苦戦をしている。

この距離で行われる重賞レース

なし