圧勝の連勝街道ナリタブライアン

ナリタブライアン
生年月日 1991年05月03日
性別/毛色 牡/黒鹿毛
ブライアンズタイム
パシフィカス
戦績 21戦12勝
獲得賞金額 1,026,916,000円

ナリタブライアンの詳細データ

美しさと力強さの究極サラブレット
ナリタブライアンのデビュー戦からの5戦は勝ったり負けたりの馬だった。
デビュー2戦目で2着馬との差を9馬身差をつけ勝利し、注目されかけたがその後、大敗などがあるなど、そこまで注目されていた競走馬ではなかった。
シャドーロールを装着してからは、本格化し連勝街道に入った。シャドーロールのおかげかは不明だが。
3歳王者を決める、朝日杯3歳ステークスを勝利し、3歳王者の座についた。
その後、4歳となっても連勝街道は止まらない。皐月賞をレコードタイムで圧巻の勝利。4歳春にこれだけの強さをみせつけた馬は日本競馬史上において皆無だった。
続くダービーも大外を通って独走し、完勝した。
軽々と2冠達成した様に見えるほどだった。
3冠への挑戦へ暗雲が立ち込めた。前哨戦となる京都新聞杯でまさかの2着となり、連勝街道がストップした。
京都競馬場で行われる、菊花賞となった。レースは最後の直線となり、外からものすごい差し脚でトップにたったのはもちろんナリタブライアンだった。しかも、レコード記録で前哨戦の2着もなんのその。
10年ぶりとなる3冠を達成した。
その後のビワハヤヒデとの兄弟対決と期待されていた有馬記念だったが、兄のビワハヤヒデは故障で引退していた。
ナリタブライアンは古馬の壁を見事に超え、強さを見せて4冠達成を果たした。

年度代表馬対決
4冠達成した翌年のナリタブライアンは怪我による不調もあり、ほとんどいい成績を残せない1年を過ごした。その年の有馬記念を制したマヤノトップガンが年度代表馬に選ばれた。
更に翌年となり、昨年の年度代表馬マヤノトップガンと阪神大賞典で再選することとなった。
このレースが歴史的一戦といえるでしょう。
レース展開は3コーナーでマヤノトップガンとナリタブライアンが並び、他の馬をグングン引き離し、直線で並んだままデットヒートを繰り広げた。
最終的に頭さでナリタブライアンが勝利。この時の3着馬は遥か後方だった。

ナリタブライアンの名レース(対マヤノトップガン、阪神大賞典)

勝利した重賞レース

朝日杯3歳ステークス(GI)
共同通信杯4歳ステークス(GIII)
フジテレビスプリングステークス(GII)
皐月賞(GI)
東京優駿(GI)
菊花賞(GI)
有馬記念(GI)
阪神大賞典(GII)2回