1996年度代表馬サクラローレル

サクラローレル
生年月日 1991年05月08日
性別/毛色 牡/栃栗毛
レインボークエスト
ローラローラ
戦績 22戦9勝
獲得賞金額 626,991,000円

サクラローレルの詳細データ

成長する3歳期
サクラローレルは他の競走馬と比べると成長が遅かった。夏頃に同3歳馬はデビューしていく中、サクラローレルがデビューしたのは年明けとなった。
デビュー戦は人気を集めたが結果を残せず、1戦目、2戦目と勝利できなかった。
3戦目にダートでの出走をすると、快勝した。調教師側はダービーに出走させたいという思いがあったため、再び芝レースに出走させるが、勝利できなかった。
この頃はまだ、成長が遅いこともあり、骨もしっかりしていなかったという。
再び、ダート戦へと狙いを定め、2戦ともに良いレースが出来、結果を残した。
ダービーへの出走を目標とする陣営側は最後の望みをかけて、3着以内になるとダービーの出走権を得られる青葉賞へ出走をした。結果はなんとか3着とダービーへの出走権を手にした。
だが、成長も遅かったせいか、足元に不安があり怪我のため、休養を余儀なくされ、ダービーへの出走は叶わなかった。
復帰後は、すぐに結果は出せなかったが、レースを重ねていくうちに重賞レースを勝利するなど本格化してきた。

開花したサクラローレル
重賞レースなどで結果を残して、徐々に本格化してきたサクラローレル。
本当の開花のレースは天皇賞春。このとき、ナリタブライアン、マヤノトップガンと人気かつ強い馬がいた。この2頭の一騎打ちムードが漂っていた。
天皇賞がスタートし、マヤノトップガンは先行の3番手の位置。ナリタブライアンとサクラローレルは中団の位置。
レースが動いたのは3コーナー過ぎで、ナリタブライアンが徐々に上がっていき、4コーナーでマヤノトップガンとナリタブライアンが先頭に立った。直線半ばで2頭の一騎打ちか!?ナリタブライアンが抜け出したその時!!その外から強襲してきたのはサクラローレル。
ナリタブライアンを並ぶ間もなく抜き去り、2馬身半の差をつけて快勝した。
その後はオールカマーや有馬記念を勝利し、強いサクラローレルとなった。
翌年には海外No.1レースの凱旋門賞に出走すると表明し、目指したが脚の骨の弱さで出走するとこができなかった。

サクラローレルの名レース(天皇賞春、開花)

勝利した重賞レース

中山金杯(GIII)
中山記念(GII)
天皇賞・春(GI)
オールカマー(GII)
有馬記念(GI)