競馬史を塗り替えた牝馬ウォッカ

ウォッカ
生年月日 2004年04月04日
性別/毛色 牝/鹿毛
タニノギムレット
タニノシスター
戦績 26戦10勝
獲得賞金額 1,333,565,800円

ウォッカの詳細データ

2歳女王への挑戦
新馬戦では圧勝し、その後の500万下レースでは出遅れてしまい2着となる。
そして迎えた2歳女王を決める阪神ジュベナイルフィリーズ
このレースでは本命ではなかった。素質の高さは注目されていたのだがウォッカは4番人気と大注目を浴びてはいなかった。
レースは直線まで逃げ切り態勢の状況かと思われたが、矢のような猛追してきたのがウォッカだった。
鮮やかに差し切り、この年の最優秀2歳牝馬に選出された。

ダービーへの挑戦
G1レースの桜花賞で2着と敗れた。大抵の牝馬は成績を残した桜花賞後は牝馬レースのG1レース、オークスへと出走することが多い。
しかし、ウォッカは牡馬が出走する日本ダービーへと出走を決めたのである。オークスと日本ダービーは開催期間が近く、強い牝馬なら牡馬が出走できないオークスへと出走するのがセオリー。
この日本ダービーへの挑戦は、オーナーの夢があったからという。
そして、順調に調整を行い日本ダービーへのレースが始まった。
順調にレース展開をし、中団位置から直線へ。馬場の真ん中を弾けるように伸びて、2着に3馬身の差をつけて完璧なる勝利を挙げた。
牝馬として日本ダービーを制したのは64年ぶりとなることだった。

ウォッカの名レース(日本ダービー)

勝利した重賞レース

阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)
チューリップ賞(GIII)
東京優駿(GI)
安田記念(GI)2回
天皇賞・秋(GI)
ヴィクトリアマイルカップ(GI)
ジャパンカップ(GI)