【G3】レパードステークス2022無料予想 新潟競馬場

【G3】レパードステークス

【レパードS2022】新潟ダート1800mで激走しそうな伏兵先行馬を本命視

2022年8月7日、新潟競馬場で「3歳世代戦ダート重賞」レパードステークス(GⅢ/ダート1800m)が行われる。過去の勝ち馬には、トランセンドやホッコータルマエ、今年の函館記念を制したハヤヤッコなどがおり、出世レースとしてもお馴染み。

どういう質の「逃げ・先行タイプ」が向くか

逃げ・先行脚質の馬が圧倒的に強いレースとしても知られている。過去10年で逃げ馬が【2.4.1.3】、先行馬が【6.3.4.21】と、前に行く馬だけで8勝も挙げており、逃げ馬の連対率に至っては驚異の60%である。

これには新潟ダート1800mというコースレイアウトが大きく影響している。

新潟ダートコースは芝コースのイメージもあり、最後の直線が非常に長いと思われがちだが、約354mほどで中央の競馬場の中では第3位程度。

1位の東京競馬場の約502m、2位の中京競馬場411mとは意外と差があり、4位の阪神競馬場の約353m、5位の京都競馬場の約329mとはそれほど長さが変わらない。

最後の直線勝負ができないことはないが、それでも東京ほど容易ではないのだ。

また、全体的な高低差は0.6mとJRAの競馬場10場の中で最も少ない。

先手を取りきってしまえば、消耗度の少ない平坦なコースでレース運びができるし、コーナーの角度がきついので、後方勢はコーナーで捲くるような加速は外に振られるため難しい。

そのあたりもあって前で競馬できる馬が有利とされている。

実際、過去10年中7年がハイペースという結果が示す通り、どの馬も序盤から飛ばして先手を取りに行くレースになりがちだ。

今年も例年に漏れず、先手を取りたい馬が揃っているので、その傾向は変わらないと見ている。

これらを踏まえると、このレースに必要な能力は、パワーや2000m以上をこなすスタミナというよりは、1800m以下やスピードの出る馬場でもきっちり先手が取れて、速いラップを終始キープできる持続力になるのではないだろうか。

◎⑧トウセツ
トウセツ
© Net Dreamers Co., Ltd.

前走は小倉ダート1700mの2勝クラス、重馬場でのインディアトロフィーで2着。

このレースでは、勝ち馬にこそ、道中の位置取りから1馬身の差をつけられたものの、3着馬には3馬身差をつけており、かつ走破時計が優秀。

1:42.9という時計は、今回のメンバーでのダート1700m持ち時計でNo.1だ。今週は木曜日の降雨がレースに多少影響が出ると思われるので、少し脚抜きの良い馬場になれば、終始11秒台〜12秒代半ばの淡々とした速いラップで走れる強みが生きてくるだろう。

先行できる脚質もあり、直近2走連続で上がり3F最速と終いもまとめられる。まさに上記で述べた「新潟1800mに向く馬」である。

このレースを制したホッコータルマエの主戦だった幸騎手を背に、出世レースで素質を開花してほしい。

○⑩ホウオウルーレット

兄弟にオメガパフュームがいる良血馬。前走の古馬混合の2勝クラス戦、いわき特別のパフォーマンスが抜群。

コーナーがきつく、直線が短いコースにも関わらず、3角後半で後方から一気に加速し、直線抜け出すと2着馬には0.9秒差をつけて圧勝。1:43.1という好時計もマークした。

新馬戦、続く黒竹賞も1秒以上の大差を着けて勝っており能力は確か。ただ伏竜Sで5着とあっさり負けたように、手前を変えるのが下手だったりと不器用なところがあるので、そのあたりがレースで出ないかが心配。

初騎乗の福永騎手に乗り代わるが、前走も初騎乗の田辺騎手で力を出したので、乗り替わりに関しては問題ないだろう。

▲⑨ハピ

前走はJDDで4着。結果的に前に行った馬で決着したレースで、不良馬場を後方から追い込んで上がり最速と力があることは見せた。

1800m戦ではデビューから3戦で3連勝しており、1:51.0という好時計も持っている。ただ前走のように、後方からの競馬になりそうなので、新潟ダート1800mでは届かない可能性も。

☆⑫シダー

2連勝中で勢いのある牝馬。前走は小倉の2勝クラス、古馬混合の牝馬限定戦である対馬特別で、13秒代に緩むことのない淡々としたラップを逃げて快勝。

2走前には、中京のダート1400mを6番手から差し切り勝ちと、短距離でも遜色のないスピードも持っている。

高低差が非常に少ない新潟競馬場という点や、木曜日の雨の影響で、牝馬特有のキレをダートでも活かしやすそうな点、必ずしも逃げなければダメというタイプでもないので、前目で伸び伸び走ればチャンスは十分あると見ている。

その他、前走弥富特別で2着馬に1.3秒差を着けて大差勝ちを収めた②タイセイドレフォン。前走中京ダートで強さ見せたヒヤシンスS2着の①ヘラルドバローズ。スムーズに先手をとれれば面白そうな人気薄⑤レッドラパルマの7頭で馬券を構成していきたい。

G3 レパードステークスの勝負買い目はこれだ

単勝…⑧トウセツ<1点>
複勝…⑧トウセツ、⑫シダー<2点>
3連複…⑧トウセツ→①②⑤⑨⑩⑫<15点>

口コミ一覧

タイトルとURLをコピーしました