マッチングアプリで知り合った女性に競馬投資ソフト売り脱税か|NHKニュース

©NHK
引用:NHKニュース

マッチングアプリで知り合った女性に「競馬投資ソフト」販売の経営者が脱税で告発

今回のニュースは所得税およそ4100万円を脱税した疑いで東京都に住む競馬投資ソフト販売グループの代表が東京国税局に告発された、というものです。

内容としては単純に所得を隠し不正に税を逃れていたというものになりますが、このソフト販売グループの代表は競馬投資ソフトを主に扱っていたという事で取り上げます。

関係者によりますと、このグループは、マッチングアプリで知り合った20代から30代の女性などに「投資話がある」と説明し、JRA=日本中央競馬会の馬券を自動で購入する投資ソフトを販売し、売り上げを伸ばしていました。

引用元:NHKニュース

このグループが販売しているのは馬券を自動で購入するタイプの投資ソフトとの事で、普通に販売していれば問題はなかったはずです。

代表は、自分が販売していた実態を隠すため、従業員がソフトを販売したように装い、税務申告を全く行っていなかった疑いがあるということです。

引用元:NHKニュース

更に記事によれば、この代表は自分がマッチングアプリを利用して直接ソフトを販売していたにも関わらず、会社の従業員が販売したように偽装し、自らに直接入った売上について税務申告を行わなかったとの事です。

この代表が隠していた所得は3年間で1億2500万円、所得税でおよそ4100万円を脱税して告発される事になりました。

代表の代理人の弁護士によれば既に修正申告し、全額納付を済ませたという事で告訴はされないようです。競馬投資ソフトの販売というのはなかなか儲かるのだな、というニュースでした。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220525/k10013642251000.html

口コミ一覧

タイトルとURLをコピーしました