【G3】新潟記念2022無料予想 新潟競馬場

新潟記念2022

【新潟記念2022】荒れる夏競馬最後の重賞「復活の良血馬」の激走を期待

2022年9月4日、夏競馬を締めくくるハンデ重賞の新潟記念(GⅢ/芝2000m)が行われる。サマー2000シリーズの最終戦で、それまでにシリーズの対象レースで活躍している馬が馬券に絡むことが多いレースとしても知られている。

新潟開催最終週で鍵をにぎる長距離適性

コースの特徴としてはJRAでも唯一の芝2000mでのワンターンコースという点だ。スタートから3コーナーまでは直線で約950mあり、急確度のコーナーを曲がった後は約658mの直線が待ち構える。

全体的にほぼ平坦なコースなので、直線が長いとはいえ最後の直線でも完全に脚が止まる馬は少なく、差し切るにはある程度速いスピードの持続力が必要とされている。

とはいえ、今週で新潟開催も連続開催6週目の最終週。芝の状態は先週の時点で向こう正面から最後の直線の内側に痛みが出ており、ほぼ全ての芝レースの最後の直線で馬場の内側を開けるケースが目立っていた。

今週は雨も週中と週末に降る予報が出ており、より外差しが効きやすい馬場状態になることはまず間違いないだろう。

終始外をまわるであろう距離ロスも考慮すると、「2000mがベストで速いスピードの持続型」というよりも、もう少し長い距離でも実績を残しており、かつ悪化した馬場でもジワジワと脚を伸ばせるようなスタミナタイプが良いと考える。

ペースとしては極端に飛ばすようなタイプの馬もおらず、先行争いが激化するようなメンバー構成でもないので、スローからミドル程度で落ち着くと見ている。

持ち時計もあまりアテにならず、どの馬にもチャンスが出てくるので意外な伏兵の激走も十分ありえる。新潟記念は過去10年で馬連での万馬券3回、3連複万馬券7回、3連単10万馬券超えは6回と波乱決着が多いレースだ。

今年も上位人気が予想されるヒートオンビート、サンレイポケットが勝ちきれないタイプなだけに「荒れるレース」の傾向は今年も踏襲されそうな可能性が高いと見る。

◎⑩ココロノトウダイ

前走の福島記念レース中に骨折。9ヶ月ぶりの復帰戦となる。

2走前のオクトーバーSでは、逃げたパンサラッサの特殊なペースに2番手で捕まえにいった影響もあり9着と惨敗も、3走前の中山金杯では宝塚記念2着のヒシイグアスとタイム差なしの2着。

急坂を2度登るタフな中山芝2000mコースで好走できているので、最終週で雨の影響も残りそうな新潟芝も問題なくこなせると見ている。

2歳時の未勝利戦とはいえ、新潟外回りコースで勝鞍もあるし、長期休み明けながらも調教の動きも良く仕上がりは良さそうで、先週新潟で8勝と勢いに乗る戸崎騎手が鞍上。斤量も55kgと手頃なので期待度は十分。

○⑤ヒートオンビート
ヒートオンビート
Copyright © Japan Racing Association

前走の七夕賞では2着、2走前のGⅠ天皇賞・春でも4着、それ以前の重賞でも好走を続けている実績上位馬。

3走前の日経賞では、稍重の中山芝2500mの長丁場で、勝ち馬タイトルホルダーと0.1秒差の3着。今回の舞台に必要とされる「タフな馬場での長距離適正」の高さを見せており、かつ左回りコースの実績も【1.1.1.0】と複勝率100%。

ただやはり2000m戦では【0.3.1.0】と勝ち切れておらず、今回は斤量も57kgで他馬より背負うことになるので対抗評価まで。

▲④サンレイポケット

豪華メンバーで行われた昨年のGⅠ天皇賞・秋、ジャパンカップでともに4着と好走。新潟芝2000mは、昨年の新潟大賞典1着、一昨年の新潟記念3着など【1.1.1.0】で複勝率は100%。

秋の大レースへの出走に向けて賞金加算は必須で、馬齢的な問題からも勝負気配が高いのは間違いない。ただ同馬もヒートオンビート同様勝ちきれないタイプで、斤量は57.5kgのトップハンデという点。

さらに、稍重の阪神芝2200mで行われた4走前の京都記念で3着の実績はあるが、理想はパンパンの良馬場。微妙に噛み合わない点もありそうなので単穴までとする。

☆②プレシャスブルー

昨年の新潟記念では出遅れて最後方付近から進め、最後の直線もスムーズではなかったものの、勝ち馬から0.4秒差の4着。

さらに昨年のオクトーバーSでは、稍重の馬場を上がり最速で勝ち馬パンサラッサとタイム差なしの2着という好成績も収めている

。雨の影響もあり昨年以上に馬場も悪くなることが予想され、かつ昨年以上にペースもゆっくりになりそうなので、プレシャスブルーにはこれ以上ない適条件になる可能性が高い。さらに鞍上には昨年の勝利ジョッキーであるデムーロ騎手を手配。

最後の最後に後ろから突っ込んできても何らおかしくないので大穴候補として抑えておきたい。

その他、前走七夕賞を快勝した⑨エヒト、大阪杯で6着の⑮スカーフェイス、今年の新潟大賞典2着の⑯カイザーバローズ、軽斤量で好枠の大外枠を引いたラジオNIKKEI勝ち馬⑱フェーングロッテンの全8頭で馬券を構成していきたい。

G3 新潟記念の勝負買い目はこれだ

単勝…⑩ココロノトウダイ<1点>
複勝…⑩ココロノトウダイ<1点>
馬連…⑩-④⑤:ココロノトウダイ→サンレイポケット、ヒートオンビート<2点>
ワイド…⑩-②:ココロノトウダイ→プレシャスブルー<1点>
3連複…⑩ココロノトウダイ→②④⑤⑨⑮⑯⑱<21点>

口コミ一覧

タイトルとURLをコピーしました