G1 優駿牝馬(オークス)2022予想|東京競馬場

G1 オークス

G1優駿牝馬(オークス)予想

 春のG1戦線も後半戦、先週のヴィクトリアマイルから続いて今週末も牝馬G1戦オークスが行われます。東京競馬場の芝2400メートルで3歳牝馬のみが登場する一戦、予想していきます。

 オークスの特徴としてはやはり春の牝馬戦という事で思いもよらない結果になる事があります。血統的にはノーザンダンサーのクロスを持っている馬が強い、内枠がやや有利などの特徴があります。

 昨年はそこまで無敗だったソダシが満を持して出走したものの大敗した事も記憶に新しいですが、今年はどういった結果になるでしょうか。

◎スターズオンアース

本命はスターズオンアースとしました。桜花賞で7番人気から勝利しており、「桜花賞上位だった人気馬」の条件は満たせます。

血統的にはそこまで有利とは言えないものの、鞍上のルメール騎手もその状態を絶賛するほど仕上がりが良いそうで、期待です。

○サークルオブライフ

対抗はサークルオブライフとしました。こちらも血統的にはノーザンダンサー系ではないもおの、阪神JFを勝利している点はプラス材料です。桜花賞では4着でまずまずの結果、脚質的にも相性が良く勝負んになるでしょう。

△ナミュール

連下はナミュールとしました。ハービンジャー産駒でノーザンダンサーのクロスと血統的にはかなり好相性です。桜花賞では人気を集めながら大敗したものの、チューリップ賞では人気に応えて勝利。距離的にも今回の方が合っているような気もします。

▲ウォーターナビレラ

単穴はウォーターナビレラとしました。父系祖父がディープインパクト、桜花賞2着と好材料は多い一頭です。脚質的には先行タイプという事でデータ的には相性が良くないですが、1枠1番というのは脚質ともマッチしています。

×ライラック

穴はライラックとします。桜花賞では大敗しましたがフェアリーSではスターズオンアースを破って勝利しており才能を感じます。血統的にも相性が良さそうで、脚質も差しという事で条件は整っているともいえます。

G1優駿牝馬(オークス)の買い目はこちら

買い目予想(3連単24点勝負)
1着:6・18
2着:1・6・8・18
3着:1・6・8・9・12・18

口コミ一覧

タイトルとURLをコピーしました