【G3】関屋記念2022無料予想 新潟競馬場

関屋記念

【関屋記念2022】夏の名物マイル重賞を解く鍵は「先行力と持続力」

2022年8月14日、新潟競馬場で歴史ある夏の名物マイル重賞、関屋記念(GⅢ/芝1600m)が行われる。

長い直線に瞬発力より必要な要素とは

潟マイルの特徴といえば、なんといっても658.7mという最後の長い直線がある点。

外回りワンターンのコースで、スタートから3コーナーまでの距離は約550m。バックストレッチ後半から3コーナーにかけて緩やかな上り勾配で、その後急カーブなコーナーを経て、最後の直線に続くという流れだ。

その長い最後の直線があるので、レースの後半が速くなりやすい。過去10年で序盤からある程度ペースが流れる年はあっても激流になることはほぼない。

ゆったりとした流れになりやすいので、上がり3F32秒台といった極端に速い上がり決着が頻発する。かといって上がり3F1位の馬が好成績かというと【1-3-1-6】でそうでもない。

逆に、逃げ・先行脚質の馬のほうが好成績を上げている。過去10年で逃げ馬の成績が【2-1-1-6】、先行馬が【3-4-3-25】、差し馬が【3-2-4-65】、追込馬が【2-3-2-39】で、逃げ馬の勝率は20%、複勝率は40%もあるのだ。

今週で新潟開催も3週目になるが、まだまだ芝の状態は全体的に良さそうで、先週も先行馬が活躍していたように、まだまだ前有利な状態は続くと見ている。

また、注意したいのは、過去10年で7枠が4勝、8枠が3勝と外枠勢に良績が集中している点だ。

最後にいかようにも逆転できる長い直線が残されているので、変に内枠に入って馬群で消耗するよりは、他馬の影響をできるだけ受けずに、道中マイペースでレース運びができ、最後の直線までしっかり脚を貯められる点が結果に結びついているのだろう。

天気にも目を配る。今週末の新潟競馬場は土日に雨が多少降りそうな予報なので、芝の状態は稍重程度になりそう。

金曜段階での週間天気予報を確認した結果なので、ファンの皆様は直前までしっかりと雨の影響を確認いただくことを推奨したい。

これらを踏まえて今年の関屋記念は、キレや瞬発力というよりは、稍重程度の馬場もこなせるパワーに、先行できて良い脚を長く使える持続力を持った馬を軸に据えて勝負したい。

◎⑫ウインカーネリアン
ウインカーネリアン
© Net Dreamers Co., Ltd.

前走は阪神芝1600mの米子Sを勝利し、2走前は今回と同じ舞台である新潟芝1600mの谷川岳Sを勝利と、L競争を2連勝と勢いに乗っている。

谷川岳Sでは、後に中京記念を勝利するベレヌスを危なげなく差し切っており、先行して上がり3F33.0秒でまとめている点からもこのコースが向いていることは間違いない。

1:31.8というマイルでの持ち時計は出走メンバー中最速で、阪神コースも苦にしないパワーもあり、何よりも先頭に立ってから他馬を寄せ付けない集中力がある。

心配なのは雨の点だが、3走前の六甲Sの敗戦は稍重の馬場というより、長期休み明けの影響で、3歳時の皐月賞では時計のかかる稍重の馬場でコントレイルの4着という結果もあるので、多少馬場が渋ってもこなせると見ている。

ここのところ好調の三浦騎手と【6-1-0-1】で相性も抜群に良いので、この勢いのまま、このコンビで初重賞制覇を飾ってほしい。

○①イルーシヴパンサー

前走は安田記念で1番人気に押されながらも勝ち馬から0.2秒差の8着。

道中馬場の悪い内に押し込められ、直線でも身動きがとれないような場面も見られてのものなので、もっとスムーズであればもう少し着順は上だった可能性もありそこまで評価を下げる必要はなさそう。

2走前の東京新聞杯は、先行馬総崩れで展開がハマった面もあるとはいえ、相当強い勝ち方で、直線の長い新潟にいかにも合いそうなタイプ。

心配なのは、枠順が内枠に入ったので、脚質的にスムーズに捌けるかという点。今回騎手も初騎乗の岩田望来騎手に乗り替わりとなるので、差し届かずというケースも十分ありそう。

また、雨が降って自慢のキレが削がれれる可能性も否定できない。ただ、斤量は安田記念から2kg減り、背負い慣れた56kgになるし、能力は最上位と見ているので、あっさり突き抜ける可能性も。

▲⑧ダノンザキッド

メンバー中唯一のGⅠ馬で、昨年のマイルCSで3着と実績はNo.1。前走の安田記念は先行して勝ち馬から0.2秒差の6着と粘りを見せた。

2走前の中山記念7着はコース相性が悪すぎた印象なので、直近の着順はパッとしないものの、やはりここでは力上位。

調教の動きも悪くなく、調教師からもプラスともとれるコメントが出ておりコース相性も悪くなさそう。こちらも頭まであってもおかしくない。

☆⑩ワールドバローズ

前走は休み明けで適距離ではない芝1400mの京王杯SCを使い上がり最速の4着。2走前の東京新聞杯は内に押し込められたり、外伸び馬場で展開が向かなかったりと、直近2重賞ではどちらのレースでも力を十分に発揮できていない印象だ。

中京芝1600mで全勝鞍の4勝を挙げているので、左回りの急角度コーナーである新潟芝1600mは相性が良さそう。

雨で馬場が渋っても好走実績があり、前走1400mを使われて今回は行き脚もつきそう。今回はペースもスロー濃厚で、枠順も外目なのでマイペースに追走できそうで穴を明けそうな要素がたっぷりある。

その他、ここ数戦重賞で善戦している④ザダル。1600mという距離が不安なものの重賞で2連対中の⑦スカイグルーヴ、前走のヴィクトリアマイルでは不利があり力を発揮できなかった新潟競馬5年ぶり参戦の武豊騎手が騎乗する⑪ディヴィーナの8頭で馬券を構成していきたい。

G3 関屋記念の勝負買い目はこれだ

単勝…⑫ウインカーネリアン<1点>
馬連…⑫-①⑧:ウインカーネリアン→イルーシヴパンサー、ダノンザキッド<2点>
馬単…⑫-①⑧:ウインカーネリアン→イルーシヴパンサー、ダノンザキッド<2点>
3連単…⑫ウインカーネリアン→①⑧⑩→①④⑦⑧⑩⑪<15点>

口コミ一覧

タイトルとURLをコピーしました