川崎競馬フォトジェニックコンテスト 一次審査結果発表

川崎競馬フォトジェニックコンテスト 一次審査結果発表

川崎競馬のフォトコンテストが一次審査終了

 今回紹介するのは川崎競馬で昨年12月から募集が行われてきたフォトコンテストについてとなります。川崎競馬の「映える」スポットやグルメの写真をTwitterに投稿、入賞すれば賞品が貰えるというものです。

 前述の通りこのコンテスト自体の応募自体は既に締め切られていますが、一次審査を突破した写真たちが公開となり最終審査として投票をする事でプレゼントが貰えます。

 フォトコンテストの賞品はグランプリ賞が1名でクオカード3万円分、準グランプリが1名でクオカード1万円分、優秀賞、グルメ賞、審査員特別賞がそれぞれクオカード3千円分となっています。

川崎競馬フォトジェニックコンテスト

 審査員はフォトグラファーで競馬写真をメインに活動する小金井邦祥氏、帰国子女でフリーランスフォトグラファーの濱津和貴氏、川崎市内発行の地域新聞の記者である金屋大輔氏の3名。この3名により審査員特別賞が選ばれます。

 テーマは冬の川崎競馬という事で、一次審査を突破した写真は馬の写真が多く、実際に川崎競馬場に足を運んだファンが撮影した物ばかりです。

 ただ、グルメ賞もあるという事で、川崎競馬場内の食堂などの料理写真もあったりします。個人的にはラーメンランチセットの写真は本当にただ定食の写真を撮っただけという感もあり、これが一次審査を突破したのかと思ってしまいました。

 やはり一般公募という事でその写真のレベルは様々で、写真が趣味であろう人の写真と一般ファンの写真では差が大きく見えますが、全ては投票によって決まるのでどの写真がグランプリとなってもおかしくはありません。

 一次審査を突破した作品は全部で20作品。SNSアカウント…というかTwitterアカウントを持っていれば誰でも投票が可能で、投票した人の中から抽選で10名にクオカード3,000円分が当たります。

 この賞品はフォトコンテストでの入賞と同じ金額という事で、投票するだけで貰える金額としてはやや多いような気もしないでもありません。

 一般投票の期間は2023年1月18日から2月8日までとなっており、つまりは投票で賞品に応募出来るのもこの期間となります。

 一般投票が終了後、集計をして各賞が発表されるのは2月15日となっています。各賞の発表もキャンペーンページで発表となりますので、結果が気になる人は2月15日にもう一度チェックしてみましょう。

 今回のテーマは冬の川崎競馬という事で、4月あたりには春のフォトコンテストも開催されるのかもしれませんね。

キャンペーンサイト:https://photocam-kawasakikeiba.net/

口コミと評判一覧

タイトルとURLをコピーしました