「競馬などのギャンブルに使った」 顧客の金を着服疑い 元JA職員逮捕|RCC NEWS

Copyright © RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.
Copyright © RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.

元JA職員が横領で逮捕 借金返済や競馬の資金に使用

 今回のニュースはまたしても横領事件です。なんだか発生件数が多くなっているような気もします。世の中思ったより不景気なのかもしれません。

 さて今回逮捕されたのは広島県のJA呉の元職員です。警察によれば容疑者は広西支店の渉外担当だった立場を利用し、顧客から預かっていた「一時払い終身共済」の掛け金およそ1100万円を着服した疑いが賭けられているとの事。

 「一時払い終身共済」とはJA共済の商品で、死亡時、または余命宣告時に500万円が支払われる共済で、特徴としては掛け金490万円ほどを一括で払えば生涯保障されるという物になります。

 一回に払う掛け金が非常に多い事からここからの着服は簡単に凄い金額になりそうです。

容疑者は「使い込んだことは間違いない」と容疑を認めたうえで、「個人的な借金返済などの資金に充てるために競馬などのギャンブルをする費用として使った」と供述しているということです。

引用元:RCC NEWS

 今回逮捕の容疑は1100万円の着服ですが、警察では更に他の顧客21人分、合わせて7500万円を着服したと見て調べを進めています。

 更に、この容疑者は今回の逮捕で解雇されたのではなく、今年4月にも組合員の貯金などおよそ6500万円を着服して懲戒解雇となっていたようで、この容疑者の総着服金額は凄い事になりそうです。

引用元:https://newsdig.tbs.co.jp/articles/rcc/70580?display=1

口コミ一覧

タイトルとURLをコピーしました