「競馬などギャンブルに…」JA元職員を詐欺容疑で再逮捕 現金300万円詐取か|テレビ新広島

テレビ新広島
© TSS-TV CO.,LTD.

横領で逮捕されていた元JA職員が再逮捕

 今回のニュースは先日も取り上げた元JA呉職員による大規模な横領事件についての続報です。以前の記事で男は広西支店の渉外担当だった立場を利用し、顧客から預かっていた「一時払い終身共済」の掛け金およそ1100万円を着服したとして逮捕されました。

 以前の記事でも余罪があるとして捜査が続けられているとありましたが、今回は詐欺の疑いでの再逮捕となりました。

 今回は詐欺として立件された事から容疑者の氏名もしっかり公開されています。今回の詐欺容疑は虚偽の解約申告書を金融機関に提出し、現金およそ300万円をだまし取った容疑となっています。

容疑者は「定期の書き換えなどを繰り返して、競馬などのギャンブルに使い込んだことに間違いない」と容疑を認めているということです。

警察は合わせておよそ7500万円の被害を把握していて、余罪についても詳しく調べています。

引用元:テレビ新広島

 記事によれば容疑者は容疑を認めており、その金は競馬などのギャンブルに使い込んだと前回の逮捕時と同様の供述をしているようです。

 被害はこれだけに留まらず更に余罪が追求される事になりそうですが、被害額がどこまで膨れ上がるのか、そして立場を利用すればここまで出来るのかと、驚きは隠せません。

引用元:https://www.tss-tv.co.jp/tssnews/000015435.html

口コミ一覧

タイトルとURLをコピーしました